PC

コンピュータのデータを復活

コンピュータの発展と共に普及

オフィス

20世紀最大の発明としてよく挙げられるのがコンピュータです。1942年に世界で最初のデジタルコンピュータが開発されて以来、着々と進化してきており、それに伴いデータを記録する記憶装置も発展してきました。 この記憶装置のデータが障害や誤操作によって読み込み不可になった場合、障害状況によってはそのデータの復旧のためには記憶装置の知識を持った専門家による復旧作業が必要です。この作業をサービスとして提供を開始したのがデータ復旧会社です。 初期のデータ復旧会社は専門サービスではなく、コンピュータの修理会社が提供するサービスの1つに過ぎませんでした。しかしパーソナルコンピュータが普及して、企業だけでなく個人もコンピュータを所有する事が当たり前になった1990年代頃からデータ復旧業者も急速に増加していきます。 現在では利用料金も大きく下がり、データ復旧専門の会社も多数あるなど、サービスを利用しやすい状況にあります。

データ復旧サービスの特徴

データ復旧サービスは、OSやバイオスなどに生じた論理障害や破損や焼損、故障などの物理障害、あるいは人間の手による誤操作などで読み込みが不可能になったデータを人手によって復旧させるサービスです。 対象となるメディアは非常に幅広く、ハードディスクやソリッドステートドライブはもちろん、前時代に広く用いられたフロッピーディスクなどのほとんどのメディアに対応しています。 復旧させて欲しいデータが格納されたメディアを業者に預けることで、業者側の専門知識を持つスタッフが診断を行い、障害状況を分析した上で復旧が可能なファイルを顧客側にリストで通知してくれます。顧客はその通知されたリストから復旧をしたいファイルを指定することで、読み出せなくなった必要なデータを再び手にすることが出来ます。

Copyright ©2015 データ復旧で大切なデータを取り戻せる│タイムスリップデータ All Rights Reserved.

Design by Web Hub.